information

お知らせ・ブログ

【事業再構築補助金】二次公募が間近となりました。

ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するために中小企業等の事業再構築を支援する事業再構築補助金。先日の5月7日に一次公募が締め切られました。
一次公募締め切り後、さらに4回程度の公募を予定しているこの事業再構築補助金ですが、その二次公募が間近と迫ってきています。

目次

二次公募について

二次公募につきましては、5月17日の週に公募を開始する予定です。
申請は7月の上旬までの受付を予定しております。

詳しい公募スケジュールに関しましては、この二次公募が開始されることで判明することとなります。
17日の週というのは、5月17日(月)~23日(日)の一週間を指します。この週に公募を開始するとのことですので、事業者様におかれましては、申請におけるご相談やご準備への早めの行動をお勧め致します。

公募スケジュールに関しましては、確定次第改めてお知らせいたします。

事業再構築補助金について

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し経営の回復が期待しづらい中、ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するために、新分野展開、事業転換、業種転換、業態転換、又は事業再編という思い切った事業再構築を意欲的に取り組む中小企業等の挑戦を支援するための最大1億円に及ぶ規模の補助金です。

主要申請要件

1.売上が減っている
・申請前の直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前(2019年又は2020年1~3月)の同3か月の合計売上高と比較して10%以上減少している。

2.新分野展開、業態転換、事業・業種転換、事業再編に取り組む
事業再構築指針はこちら(PDF)
事業再構築指針の手引きはこちら(PDF)
・事業再構築指針に沿った新分野展開、業態転換、事業・業種転換又は事業再編を行う。

3.認定経営革新等支援機関と事業計画を策定する
認定経営革新等支援機関についてはこちら
・事業再構築に係る事業計画を認定経営革新等支援機関と策定する。補助金額が3,000万円を超える案件は金融機関(銀行、信金、ファンド等)も参加して策定する。金融機関が認定経営革新等支援機関を兼ねる場合は、金融機関のみで構いません。
・補助事業終了後3~5年で付加価値額の年率平均3.0%(グローバルV字回復枠は5.0%)以上増加、又は従業員一人当たり付加価値額の年率平均3.0%(同上5.0%)以上増加の達成を見込む事業計画を策定する。
※付加価値額とは、営業利益、人件費、減価償却費を足したものをいう。

補助金額・補助率

 中小企業
 通常枠  補助額 100万円~6,000万円    補助率 2/3
 卒業枠  補助額 6,000万超~1億円   補助率 2/3

※卒業枠:400社限定。
事業計画期間内に、①組織再編、②新規設備投資、③グローバル展開のいずれかにより、資本金又は従業員を増やし、中小企業から中堅企業へ成長する事業者向けの特別枠。

 中堅企業
 通常枠  補助額 100万円~8,000万円  補助率 1/2
(4,000万円超は1/3)
 グローバル
 V字回復枠
 補助額 8,000万円超~1億円   補助率 1/2

※グローバルV字回復枠:100社限定。以下の要件を全て満たす中堅企業向けの特別枠。
①直前6か月間のうち任意の3か月の合計売上高がコロナ以前の同3か月の合計売上高と比較して、15%以上減少している中堅企業。
②補助事業終了後3~5年で付加価値額又は従業員一人当たり付加価値額の年率5.0%以上増加を達成を見込む事業計画を策定すること。
③グローバル展開を果たす事業であること。

事業再構築補助金公式サイトはこちら

gBiz アカウントの取得を忘れずに!

事業再構築補助金の申請は、電子申請システムのみでの受付となります。gBizプライムアカウントの発行・取得には、通常でも2~3週間の時間を要しますし、発行・取得が集中する等の状況により3週間以上の時間となる場合も考えられます。
見取得の方は、速やかに利用登録を行ってください!


暫定プライムアカウントについて

本来gBizプライムアカウントを作成するにあたって必要な、申請書及び印鑑証明書・印鑑登録証明書』の郵送を省略し、審査についても最大限省略して発行する暫定的なアカウントです。

・・・

※すでに通常のgBizプライムアカウントをお持ちの方はこの項目は関係ありません。通常のgBizプライムアカウントにて申請が行えますのでご安心ください。

・・・


この暫定プライムアカウントは、「事業再構築補助金」及び、「小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)」の申請に限って利用できるアカウントです。

申請より、最大48時間での承認の見込みです。承認の際にはメールが届きますので記載内容に従って処理を行ってください。※メールが届いたら承認されたというわけではありません。必ず記載内容をご確認の上、処理を行ってください。

  • 申請方法
    ① G ビズ ID のトップページの「gBizID プライム作成」から、必要事項を記入します。
    (これは通常のプライムアカウントと同様です)。
    ② 必要事項のうち「部署名」欄に「特定補助金専という文言を記入し、「申請書作成」をクリックします。
    ③ この際、申請書の印字、押印、印鑑証明書・印鑑登録証明書の取得、郵送は必要ありません


~作成についての注意事項~
※エントリーアカウントをお持ちの方は、退会を行ってから、暫定プライムアカウントの発行申請を行ってください。
(退会した場合、過去の操作情報等を参照することはできません)
※G ビズ ID に登録済みのアカウント ID(メールアドレス)はご利用できません。
※同一人物(氏名・住所等の基本情報が同じ)による複数の申請は受け付けられません。
※既に通常のプライムアカウントの発行を申請された方で、締切までにアカウントの発行が間に合わない方は、再度、上記の作業により暫定プライムアカウントの発行申請を行ったうえで、補助金の申請をお願いいたします。

なお、採択公表後の補助金の交付を受けるに当たっての申請には、通常のプライムアカウントが必要となります。暫定プライムアカウント取得後は、速やかに通常のプライムアカウントへの変更を進めてください。

※2020年度IT導入補助金でのご利用の際に作成した、暫定プライムアカウントは、2021年4月1日より利用ができなくなりますので、通常のプライムアカウントへの移行を行ってください。

~変更申請方法~
暫定プライムアカウントを通常のプライムアカウントに変更される場合、暫定プライムアカウントの申請の際に作成した申請書を印字し押印の上、印鑑証明書・印鑑登録証明書とともに下記あて先まで郵送します。
gBiz公式サイトの変更についてのPDF資料にて、チェックシートがございますのでご確認ください。
【送付先】
〒530-8532 G ビズ ID 運用センター 変更プライム宛


また、gBizアカウントについては以下の記事にて詳しく掲載しています。
GビズIDをご存知ですか?申請方法と注意点

gBizアカウント公式サイトはこちらから


二次公募が間近となりました。
詳しいスケジュールはまだわかりませんが、おおよそ一か月弱といった公募期間となります。事業再構築補助金はその補助金額や補助率の高さから採択のハードルが高い補助金制度となりますが、ウィズコロナ・アフターコロナに適応するための成長に挑める大きな支援でもあります。
認定支援機関とのご相談をはじめ、gBizプライムアカウント取得忘れや、申請締切時の混雑等により期間内に間に合わないこと等がないように、早めの対応を心がけて策定を進めていきましょう。