information

お知らせ・ブログ

第18次【ものづくり補助金】の公募要領が公開されました。

2024年1月31日、ものづくり補助金の第18次締切分の公募要領が公開されました。令和5年度補正予算により、ものづくり補助金は「省力化(オーダーメイド)枠」「製品・サービス高付加価値化枠」「グローバル枠」の3つの申請枠へと区分され、第18次ではすべての枠を応募対象とし、事業者様の取組に合わせた申請が行えます。

目次

申請枠について

ものづくり補助金第18次締切については、「省力化(オーダーメイド)枠」「製品・サービス高付加価値化枠」「グローバル枠」すべての枠で申請が行えます。

「省力化(オーダーメイド)枠」は、人手不足解消に向けて、デジタル技術等を活用した専用設備(オーダーメイド設備)の導入等により革新的な生産プロセス・サービス提供方法の効率化・高度化を図る取組に必要な設備・システム投資等を支援します。
省力化(オーダーメイド枠)の詳細については、第17次公募のお知らせをご覧ください。

「製品・サービス高付加価値化枠」では、通常類型および成長分野進出類型の2つの類型によって構成されています。

通常類型はこれまで同様、革新的な製品・サービス開発の取組に必要な設備・システム投資等を支援する類型となります。新たな類型である成長分野進出類型では、今後成長が見込まれる分野(GX・DX)に資する革新的な製品・サービス開発の取組に必要な整備・システム投資等を支援する類型です。

「グローバル枠」では海外事業を実施し、国内の生産性を高める取組に必要な整備・システム投資等を支援します。海外事業とは、海外への直接投資や輸出等の海外市場開拓、インバウンド対応に関する事業、海外企業との共同で行う事業のこと指し、国際的な事業展開を支援していく方針です。

ものづくり補助金総合サイト:第18次締切公募要領より

 

スケジュール

申請におけるスケジュールは以下の日程で行われます。

  • 公募開始…2024年 1月31日 (水)17時~
  • 申請受付…2024年 3月11日 (月)17時~
  • 応募締切…2024年 3月27日 (水)~17時【厳守】


採択については、6月下旬を予定しています。ものづくり補助金では、補助事業実施期間内に、発注・納入・検収・支払等の全ての事業の手続きを完了し、実績報告書を提出する必要があります。第18次締切については実績報告の期限が2024年12月10日までとなります。補助実施期間が非常に短期間となるのでご注意ください。

要件について

ものづくり補助金第18次締切の基本要件ついては以下の通りです。

  1. 1.事業計画期間において、給与支給総額を年平均成長率1.5%以上増加させること。
  2. 2.事業計画期間において、事業場内最低賃金(補助事業を実施する事業場内で最も低い賃金)を、毎年、地域別最低賃金+30円以上の水準とすること。
  3. 3.事業計画期間において、事業者全体の付加価値額を年平均成長率3%以上増加させること。


上記の基本要件に加え、枠毎に追加要件がありますので、すべての要件を満たすことで申請が行えます。枠により要件が多岐にわたる場合がありますので事前の確認や相談をしっかりと行ってください。

 

補助金額・補助率について

各類型の補助上限額・補助率については以下の通りです。

大幅賃上げによる特例の上乗せは最大2,000万円の上乗せが行えます。
特例を適用させるには、基本要件や各枠の要件の他に、特例の追加要件を満たす必要があります。特例の追加要件は以下の通りです。

  1. (a)事業計画期間において、基本要件である給与支給総額を年平均成長率1.5%以上増加させることに加え、更に年平均成長率4.5%以上(合計で年平均成長率6%以上)増加させること。
  2. (b)事業計画期間において、事業場内最低賃金(補助事業を実施する事業場内で最も低い賃金)を、毎年、地域別最低賃金+50円以上の水準とすることを満たしたうえで、さらに、事業場内最低賃金を毎年、年額+50円以上増額すること。
  3. 応募時に、上記(a)(b)の達成に向けた具体的かつ詳細な事業計画(大幅な賃上げに取り組むための事業計画)を提出すること。


これら要件を満たさない場合、大幅賃上げに係る補助上限額引上の特例を適用しない取扱いとなりますのでご注意ください。

補助対象経費

対象経費は以下の区分に分けられています。機械装置・システム構築費や技術導入費、知的財産権等関係費や外注費・専門家経費等では経費の上限額の制限が設定されています。加えてグローバル枠では、海外旅費、通訳・翻訳費、広告宣伝・販売促進費も対象となります。

ものづくり補助金総合サイト:公募要領より

口頭審査について

第18次締切では、第17次締切と同様に口頭審査というものが行われます。これは、申請額が一定規模以上の申請を行う事業者を対象にオンラインで実施されます。 一定規模がどの程度を指すのは未公開ですが、口頭審査期間は2024年4月24日(水)~2024年5月15日(水)の日程で行われ、事務局が指定のうえ申請者に連絡されます。

加点について

採択においては加点は重要な要素をもたらしています。下記グラフは、ものづくり補助金公式サイトのデータポータルで示された数値です。加点項目が0点の場合、34.4%と非常に厳しい数字となりますが、加点項目を追加していくごとにその採択率は上昇しています。特に1~2個の加点要素を加えた場合、採択率の伸びが著しく高く非常に重要な要素であることが伺えます。

ものづくり補助金総合サイト:データポータルより

加点項目には、準備がかかるものもあるため多くを取得することは難しいですが、できるだけ押さえておくことことが重要です。第18次締切では以下の項目が対象となっています。


ものづくり補助金第18次締切をご紹介しました。令和5年度補正予算では、最後のものづくり補助金となります。
採択予定日が6月下旬となりますので、補助事業実施期間をタイトなスケジュールで挑む必要があります。18次締切の申請をお考えの事業者様は、短期間で補助事業が実施できるように設備導入に係る関係者とも事前確認を行う等、綿密な実施計画を立てておくことをお勧めいたします。


フィールドマネジメントでは、補助金のご相談を受け付けております。補助金活用にお悩みの事業者様はまずはご相談ください。


ものづくり補助金総合サイト